2022年


   たかひろ純議会だより 2022夏季


  拝啓 初秋の候ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。

   さて、今回の議会報告に記載のNPT再検討会議については、8月26日に閉幕

  し、前回に続いて最終文書の採択に至らず決裂となりました。

  ウクライナ情勢をめぐる文言にロシアが反対したのが直接の原因ですが、議論の過

 程では核保有国の都合で次々と文案が骨抜きにされるなど、核保有国と非核保有国と

 の間の溝が鮮明になりました。また、日本をはじめとした核の傘の下にいる国々が核

 兵器先制不使用に反対したことも極めて残念でした。

  ただ、そうした中でも決裂を回避しようと、多くの国々やNGO、そして被爆者が

 NPT体制の重要性を訴え奔走されたのも、まぎれもない事実です。

  私は、被爆の実相を世界に伝える重要性を再認識し、これからも被爆地ヒロシマの

 議員として、日本や広島がいっそう役割を果たせるよう、粘り強く核兵器廃絶と世界

 の恒久平和に向け取り組んでいく決意をしたところです。

    皆様には、引き続きご支援いただきますようお願いいたします。

 

    20229
                      広島県議会議員 
たかひろ 純


   たかひろ純議会だより 2022初夏






   たかひろ純議会だより 2022冬